ブログ

3つの「やすい」でリスクが少ない企画住宅【後編】

こんにちは!WEEVA(休日住宅研究所)です!!

前回に引き続き、今回も企画住宅の3つの「やすい」について解説します!
(前回の記事はこちら! https://weeva.jp/blog/1239/

建てやすい

注文住宅の場合、土地を探して、家の形状や間取りを決めて、設計をして……というように、非常に手間がかかります。最初は意気込んでいたけど、いろんな判断を迫られたり、打ち合わせの回数が多かったりして疲れてしまったというお客さまも少なくありません。

企画住宅であれば、モデルハウスを見学して「この家いいね!」となったら、すぐに買うことができます。

注文住宅は土地が決まらないと家づくりも進まないので時間がかかりますが、企画住宅の場合は購入する家が決まってから土地を探すこともできるので非常にスムーズです。

守りやすい

家を建てた後に「雨漏りがする」「風で壊れてしまった」という不具合が起きることがあります。特に注文住宅の場合は設計段階ですべての不具合を予測することが難しいです。「建ててみないとわからない」という側面も少なからずあるので、不具合が発生するリスクが高くなります。

企画住宅の場合はパターンが決まっています。すべての家が商品として規格化されているので、不具合のリスクは格段に低くなります。

注文住宅を建てるためにはお客さまにもある程度の知識が必要とされます。難易度も高く、リスクを取るだけの覚悟をしなければいけません。

企画住宅は「買いやすい」「建てやすい」「守りやすい」から、スムーズかつローリスクでマイホームを建てることができます!

WEEVAなら2,500棟以上の企画住宅を手がけた実績があるので、リスクのない家づくりを実現します!ぜひ、私たちにお任せください!