<ゴールデンウィーク休業のお知らせ>


誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

2020年4月29日(水)~2020年5月7日(木)

※休業期間中にお問い合わせいただきました件に関しては、
2020年5月8日より順次ご対応させていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

ブログ

3つの「やすい」でリスクが少ない企画住宅【前編】

こんにちは!WEEVA(休日住宅研究所)です!!

マイホームは一生に一度の買い物。であるにもかかわらず、「予算オーバーになった」「建てたらイメージと違った」というトラブルも少なからず起きます。

こうしたリスクは極力避けたいですよね?安心して住める家が欲しいということであれば、企画住宅という選択肢も考えてみませんか!?

企画住宅は「買いやすい」「建てやすい」「守りやすい」という3拍子です。
それぞれ、どういうことか、なぜリスクが軽減できるのか、見ていきましょう!

<買いやすい>

注文住宅は自分好みの間取りで建てることができますが、それゆえに価格も高くなりがち。「あれもこれも」とつけると、それこそ青天井です。蓋を開けてみると、予算をオーバーしていたということも少なくありません!

企画住宅ならあらかじめ価格が決まっているので、予算も立てやすく買いやすいです。

たとえば、お寿司屋さんで価格が「時価」となっていたら注文しにくいですよね?でも、「1貫100円」みたいに値段がわかっていれば、懐具合を見ながら注文できます。

事前にいくら家づくりに必要なのかがわかるのが、企画住宅の大きなメリットです。

注文住宅の場合は1からデザインしなければいけませんし、値段が明確になっていないので、都度見積もりをしなければいけません。

企画住宅ならデザインも、値段もその場で出すことができます。だから、お客さまに自信をもって売ることができるのです。

さて、まだまだ企画住宅の良さはたくさんあるのですが、今日はここまで!
次回はもう2つの「やすい」についてご紹介しますので、お楽しみに!