ブログ

WEEVAの企画住宅が地震に強い理由

こんにちは!WEEVA(休日住宅研究所)です!!

9月1日は防災の日でしたね。常日頃から地震に備えて対策をしておきましょう。これから家づくりをされる方は、耐震性を意識した工務店選びをおすすめします。

WEEVAの家なら耐震性もバッチリ!耐震等級は最高ランクの3です。

耐震等級とは「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で定められた耐震性の高さを表す表示で、1~3の3つのランクに分かれています。

耐震強度1の建物は「震度6強~7程度の地震に対しても倒壊や崩壊をしない」という要件が基準となっていて、耐震等級3は耐震等級1で規定されている地震の1.5倍もの地震に耐えられるというのが基準です。耐震等級3であれば阪神大震災や東日本大震災クラスの地震があってもまず建物が倒壊することはない。それくらい耐震性が高いのです。

ちなみに、警察署や消防署は災害時にも機能するよう、耐震等級3で造られています。

ただし、注意しなければいけないのは、工務店が「うちは耐震等級3ですよ」と言っていても、実際に建てる家の耐震性が高いとは限らないということ。特に注文住宅のように構造設計を一から行う場合、耐震性が低くなる場合があります。特に外見を重視した家ほど、構造設計が犠牲になった結果、耐震性が低くなる傾向があるのです。

その点WEEVAの企画住宅なら、すでに構造設計をしたお家を提供しているので安心! 住宅展示場と同じ家を建てていただければ、最高ランクの耐震性を備えた住まいが実現します。

地震はいつ、どこで起こるかわかりません。ぜひ、家づくりの際には耐震性も意識してみてくださいね!