WEEVA展示場では、密集しないように少人数制でご案内とさせていただいております。
お待たせしてしまうことがあるかもしれませんがご了承ください。

<新型コロナウィルス感染症拡大防止・除菌消毒の取り組みについて>

詳しくはこちら ≫


ブログ

パッシブエアコンのメリット・デメリットとは?

こんにちは!WEEVA(休日住宅研究所)です!!

最近、1台のエアコンですべての部屋の温度をコントロールできるパッシブエアコンが注目されています。
今回はパッシブエアコンのメリット・デメリットをそれぞれ考えてみましょう。

まずパッシブエアコンのメリットといえばエアコンが1台しか要らないこと。各部屋にエアコンを設置するよりも電気代が安く済みます。室外機も1台でOK!

パッシブエアコンを導入するとヒートショックのリスクも軽減できます。ヒートショックとは暖かい部屋から寒いところに出たときなど、温度差によって脈拍や血圧に異常が起きてしまう事故です。パッシブエアコンなら室内の温度を均一に保つことができるので、ヒートショックのリスクが軽減されます。

もちろん、パッシブエアコンにはデメリットもあります。パッシブエアコンは1台で家のなかのすべての温度を調節するので、その1台が故障してしまったらすべての部屋で空調が効かなくなってしまいます。パッシブエアコンの場合、専門の業者に修理を依頼するため、直るまでに3~4日はかかってしまいます。真夏や真冬に故障してしまうと大変です。

メリットもデメリットもあるパッシブエアコン。
一概に良い悪いは決められません。ぜひ他の空調システムと比較しながら検討してください。
WEEVAの展示場ではパッシブエアコンを設置しているのは豊田のcovacoモデルハウスです。ぜひ体験してみて参考にしていただければ幸いです。