Vol.02

家族がひとつになるスキップフロアの家

  • 富士市A様邸
  • 仕様/スキップフロア2階建て
  • モデル/ALLen

家づくりの始まりは、友人のBinOの家

ずいぶん前になるのですが、サーフィン仲間の家に遊びに行った時にその家がおしゃれでめっちゃカッコイイ家でそれがずっと記憶に残っていました。そろそろ家をと考え始めて、総合展示場などの色々なモデルハウスを見学に行きました。しかし、どのモデルハウスも同じような感じがして、サーフィン仲間の家以上のカッコイイ建物に出会えず、妻にその家がどうしても気になるから一緒に見に行かないかと伝えました。家にお邪魔させてもらい、改めて見てみると「やっぱり良い!めっちゃかっこいい!」となりました(笑)。そこで初めてスキップフロアの家BinOということを教えてもらい、その日にBinOの展示場へ行きました。

親子揃ってBinO×FREEQオーナー!

展示場を見学後、金銭面や間取りについて悩んでいると、BinOに住んでいる友人が「娘夫婦はFREEQの家を建てたから見においで」と声をかけてくれました。「是非!」と娘さんの家にもお邪魔させていただくと、こちらのお宅もやっぱりカッコよくて(笑)。
妻と「BinO×FREEQで家を考えよう」という決断に至りました。

BinO×FREEQで悩む

展示場を見学後、金銭面や間取りについて悩んでいると、BinOに住んでいる友人が「娘夫婦はFREEQの家を建てたから見においで」と声をかけてくれました。最初は、BOOOTSで考えていました。でもBOOOTSの完成見学会で空間を体感し、やっぱりスキップフロアが創り出す空間のほうがいいなと改めて思いました。家全体が一つの空間になってるスキップフロアは家族がいつでも一緒にいられる感じもよく、三角屋根のカワイイALLenに決めました。

こだわりのアレンジ

内観は夫婦で楽しみながらアレンジさせていただきました。内壁の塗装は明るくするか濃くするかで、お互いの意見が分かれてバトルすることもありましたよ(笑)。最終的には、妻の意見のカフェ感漂うオリーブ色に決定。落ち着く色合いなので、この色にして正解だったと思います。残ったオリーブ色の塗料をいただいて、ダイニングテーブルを自分達で塗装をしました。壁の羽目板も通常縦向きですが、趣向を変えて横向きに。横向きにしたことで、よりカフェ感が出た感じがしています。オプションのロフトを設け、子供のおもちゃコーナーとして活用。おかげでリビングはいつもすっきりしています。デッキにも階段をつけて、子供たちがリビングから庭へ出入りしやすい楽しい動線を作りました。

壁付けキッチンの隠れた収納力!

対面キッチンにされる方が多い中、我が家では壁付けにしています。その代わりに、本来の場所に造作棚を作りました。造作棚のおかげで収納力もたっぷり増え、そして目隠しにもなるため、この作りにはとても満足しています。
現在子供が3人いて、これからどんどん荷物が増えそうなので、部屋のレイアウトを変えたり庭に小屋を作る計画をしています。子供の成長とともに、アレンジをしながら楽しめるのもBinOの特徴ですね!この家で育っていく子供たちが、将来同じBinOで家を建ててくれたら嬉しいな、なんて思います(笑)。